MENU
カテゴリー
ゆり
自然と自由と体を動かすことが好きな30代サラリーマン。
趣味の畑作業や旅行、読書からは発見することがいっぱい!そんな発見を誰かと共有したくてブログを開設しました。
農ある暮らしにあこがれて、就農を視野に入れた活動もしています。
当ブログの使用テーマ

農地は買うべき?借りるべき?実際の経験談を踏まえてお話します!

非農家の人が新規就農するにあたって
よく直面するのが「農地の問題」ではないでしょうか。

今回は、わたしの実際の経験談も踏まえて
農地を買うか借りるか
どちらが良いと考えるかお話します!

目次

農地は買うべき?借りるべき?

絶対借りるべき!だとわたしは思います

わたしのように親戚に農家さんがいない場合は、
まずは「借りられる」農地を見つけるのが良いと思います。

実際、借りる予定だった農地の
地主さんが急に亡くなり
引き継いだ息子さんから「買ってほしい」と
言われたことがありました。

日当たり、排水性等がとても良く、
その他設備も整った土地だったので
すごく迷いましたが、
結局その畑はあきらめて別の畑を
探すことにしました。

なぜ借りる選択をしたのか?
その理由についてお話します。

借りるべきだと思う3つの理由

①農地を買う場合は5反必要

農地を取得する場合は、「農地法」により
5反以上必要であることが決まっています。

(追記:今通常国会にて改正案が出されるため、
今後は5反要件が無くなる可能性があります)

その土地のことをよく知っている人なら別ですが、
どんな農地かよく分からないのに
いきなり5反を所有するのはリスクが高すぎます。

購入してから、何か致命的な問題が発生する
可能性もゼロではありません。

まずは狭い土地から始めて、
徐々に農地を増やしていくのが得策だと思います。

②今後もっと良い農地が出てきた時に動きにくくなる

「新規就農者は良い農地を借りるのが
難しいけれど、頑張って農業をやっているうちに
地域の人に認められて良い農地を
紹介してもらえるようになるよ」

これは、よく聞く言葉です。

最初から5反買ってしまうと、
もっと良い農地が見つかった時に
動きにくくなります。

新たに見つかった農地が
購入した農地と離れた場所にあったら?

規模拡大をしたいと思っても
購入した農地の近くで良い農地が
見つからなかったら?

何が起こるか分からない時代です。

特に最初のうちは、身軽な状態にしておかないと
あとあと自分の首を絞めることに
なるかもしれません。

③高く売れない場合がある

残された子孫も農業をやる場合は良いのですが、
どんな職業を選ぶかはその人次第です。

その場合、将来的には農地を売りたいときが
来るかもしれません。

わたしが「買ってほしい」と言われた農地は
場所的に高く売れない土地だったので
将来の子孫に迷惑をかけないためにも
「買わない」選択をしました。

どうしても買わなければいけない時の注意点

万が一、自分の身に何かあった時はどうする?

もし、急に自分の身に何かが起こって
農業ができなくなったら?

家族親戚に農業をやる人がおらず
周りに借りてくれる人もいなかったら
完全にその農地は「負債」になります。

農地は、1年も放っておいたら
すぐに荒れていきます。

家族は、お金を払って草管理を業者に頼んで
固定資産税を払い続けなければいけない
かもしれない。

どうすれば良いか分からなくて
困り果てるかもしれない。

最悪の場合も想定して、家族とよく話し合うことが大切です。

農地は適正価格か?

実際にわたしは、土地評価額の3倍の値段を提示されました(笑)

情報弱者の新規就農希望者は、
足元見られてぼったくりの値段を提案されるかもしれません。

その場合は、地元の方に農地の評価額を聞くか
地方自治体の農政課に相談
しましょう。

家を買う金銭感覚で農地を買ってはいけません。
(市街地にあり農地転用できる場合は別ですが)

農業振興地域の場合は、農業しかできないので
よほど条件が良い土地でないと売れません。
売れたとしても二束三文です。

認定新規就農者になるために

農地を購入したり、賃借契約を結んだ時点で
農業経営開始となります。

その際補助金をもらうため、認定新規就農者を目指す人は多いかと思います。

わたしは所得要件にぎりぎり引っかかって、貰えなさそうですが(泣)

認定新規就農者になるため、農地を借りる方法はいくつかあります。

逆に言えば、適切な方法で借りないと
認定新規就農者の要件を外れる場合もあるため注意が必要です。

農地の借り方については市役所で詳しく聞いてきたのでまた別の記事にまとめたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる