MENU
カテゴリー
ゆり
自然と自由と体を動かすことが好きな30代サラリーマン。
趣味の畑作業や旅行、読書からは発見することがいっぱい!そんな発見を誰かと共有したくてブログを開設しました。
農ある暮らしにあこがれて、就農を視野に入れた活動もしています。
当ブログの使用テーマ

大阪でプチ登山?!摂津峡渓谷ハイキング

8月の終わり。
ようやく涼しくなってきたので、大阪府高槻市にある自然公園「摂津峡公園」でハイキングしてきました!

この公園、春は満開の桜の下でお花見を、夏はホタルやキャンプ、秋は紅葉と、ほぼ一年中楽しめる自然観光名所なんです。

しかも大阪市と京都市のほぼ真ん中にあって、アクセス抜群!
私の住んでいる京都市からも、高速を使わずに車で約40分で行けました。
車がない場合は、電車とバスを乗り継がなければ行けないのでやや不便ですが…。
バスで行く場合は、高槻駅から15〜20分ほどで行けるそうです。

目次

車で行く場合、駐車場は?

公園のすぐ隣に、広い駐車場があります。収容台数は、普通車で30台。
私たちは10:30頃に着きましたが、その時点では2〜3台しか停まっていませんでした。
帰るとき(12:30頃)は10〜15台ほど車がありましたが、それでもまだ余裕がありました。

料金は前払いで1000円。
市の公園にしてはちょっと高い気がしましたが…。
まぁ公園への入園料はタダなのでよしとしよう。

芝生が広がる摂津峡公園

公園内に行く階段のそばには、誘導係のお兄さんが。
「分からないことがあれば、何でも聞いてくださいね!」
との力強いお言葉をいただきました。

階段を登ると…、
だだっ広い芝生が広がっていました!
誰もいませんでしたが、子供とかは走り回って遊べそう。

ハイキングコースまでは、トイレと小さいお店が一つずつ。
お店にはジュースとお菓子類、サンダルなどが置いてありました。
ジュースを買って、いざハイキングコースへ出発!

摂津峡公園のハイキングコース

摂津峡のハイキングコースは、5つあります(摂津峡HPより)。
私たちは、下の口駐車場→渓谷コース→中腹自然コース→スカイラインハイキングコース→下の口駐車場と、3つのコースを少しずつ楽しむハイキングにしました。

総距離約3.7kmで、1時間半のハイキング。
距離、時間だけ見ると軽いハイキングに思えますが、運動不足の体には結構しんどかったです😇

一番後悔したのが、大阪(都市部)の公園だからと軽く見ていたため、革靴&お気に入りのワンピを着て行ったこと。動きづら〜い!
摂津峡公園へは、Tシャツ&長ズボン&ウォーキングシューズで行くのをお勧めします!!
低山登山用の服装があれば、それでも良いです。
あとは飲み物500mL以上と、汗拭き用のタオルも必須です。虫が嫌いな人は虫除けスプレーも。
ハイキングコース内は涼しいですが、上り坂が続く場所もあるので汗がめっちゃ出るんです。

ハイキングコース①渓谷コース

まずは渓谷コースを出発〜。

摂津峡公園には、大きな看板が要所要所に設置されているので、ハイキング初心者にも分かりやすくなっています。

最初は舗装された道路を進んでいきます。

道路の横には、立派な紅葉の木が。
秋には紅葉が綺麗だろうなぁ。

木々の隙間からは、のどかな田園が見えました。

舗装された道路から土の道路へ!

道の横には…、

渓流が流れていました!
この先、しばらくはこのような渓流沿いを歩きました。

川のそばまで行くこともできました。
水が冷たくて綺麗!

ただ先週は雨が多かったため、この日は川の水が増水していたみたい。
流れも激しく、落ちたら危険そうでした。

大きな岩を発見!

渓流コースと中腹自然コースの分岐点まで行くと、滝がありました!
この滝は流れがかなり早く、水しぶきでマイナスイオンを感じることができました😊

旦那さんは「滑り台にしたら楽しそう!」と言っていましたが、そんなことしたら絶対ケガしそうな感じでした。

ハイキングコース②中腹自然コース

分岐点には案内板がありました。案内に沿って白滝方面へ進みます。

すると、
見えた!白滝!!

小ぶりですが、美しい滝でした。
近くに寄ると、迫力もありました。

白滝を満足したところで、先に進みます。
ここで、「摂津峡」と「萩谷」と書かれた道しるべが。

どちらに行くべきか分からず「摂津峡」と書かれた方面へ行くと、行き止まりで道がありませんでした。
「萩谷」方面へ行くのが正解のようです。

気を取り直して、萩谷方面へ。
こちらは階段を登っていかなければいけませんでした。

実はこの登り坂階段、かなり長くてしんどいです。。
汗がダラダラ出てきて、タオルを持っていかなかったことを後悔。
そしてお気に入りのワンピースじゃなくて登山用の格好をしていけば良かったと後悔。。

また分岐点がありました。
今度は「萩谷・中腹コース」方面へ。

短い橋を渡ります。

そばには、綺麗な川が流れていました。

行者岩の看板がありました。
ちょっとした山道を登った先にあるそう。滑りやすいため危険とも。
登山スタイルだったら登っていけそうでしたが、普段着だったので諦めることにしました。残念。

まだまだ登ります。

森の中なので涼しいのですが、汗はダラダラ出てきます。

完全に山ですな。

やっと山頂っぽいところに着いた!
この看板では「くぬぎ谷」方面へ行き、スカイラインハイキングコースへと向かいました。

ハイキングコース③スカイラインハイキングコース

歩いていくと、第2キャンプ場が。流し場、かまど、テーブルが揃っているから何でも出来そう!
近くには、テントも張ってありました。

少し歩くと、ログハウスがありました。
おしゃれ〜。

ログハウスの裏からは、ちょっとした景色が。
ん〜木が鬱蒼としていて、よく見えない。
写真では分かりにくいですが、遠くに市街地が見えました。

今度は階段を降りて行きます。
やっぱり下りは楽だな〜♪

そしてついに、展望デッキが!

そこからの景色は…、

こちらも、木々で隠れて景色がよく見えませんでした〜😓
隙間からは、市街地が見えました。

あと少し歩きます。

ここでハイキングコースは終わりです!
意外としんどかったけれど、森林浴、渓流、滝を楽しめて、良い運動になりました。

摂津峡公園のハイキングコースは、都心近くにあるからと言って侮るべからず。
雄大な自然の中で、プチ登山を楽しめます。
紅葉や桜の時期にも、また行きたいです!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

Profile | プロフィール

  • 出身地:名古屋
  • 現在地:京都
  • 家族構成:夫と2人暮らし
  • 自然と自由と体を動かすことが好き
  1. これまで行った旅行先(海外)
    アメリカ、韓国、台湾、シンガポール、トルコ、フランス、イタリア、ヨルダン、フィリピン(セブ島)、グアム、スペイン、マレーシア
  2. これまで行った旅行先(国内)
    東日本はほぼ全ての都道府県を制覇。しかし西日本には弱い。山口、佐賀、長崎、鹿児島には行ったことがないので、いつか行きたいと思っている。
  3. これまで登った山
    大文字山、金剛山、鶏冠山、葛城山、比叡山、霊仙山、比良山、御在所岳、ポンポン山、大台ケ原、氷ノ山など
  4. これまで走ったサイクリングスポット
    淡路島、琵琶湖南部、四国、美山、しまなみ海道、日吉ダム、淀川沿い、桂川沿い、木津川沿い、日吉ダム湖周辺など

旅行や登山、サイクリングなど自然の中でアウトドアを楽しむことが大好きなブログ主です!現地で撮影した写真を中心に、日記感覚でブログをアップしてきたいと思っています(現在はコロナで更新が減っています。。)

コメント

コメントする

目次
閉じる